債務整理の費用

借金で金銭的に苦しいのに債務整理をするには当然に費用がかかります。
費用面を心配されて債務整理手続きを躊躇してしまう方も多いようです。しかしそれではいつまで経っても借金問題から解放されません。
費用を負担してでも債務整理をやるべきかどうか賢明な判断ができるよう債務整理の費用の内容をしっかり理解する必要があります。
債務整理には、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産、過払い請求といった手続きがありますが、どの手続きをするかにより債務整理の費用も大きく異なってきます。

債務整理で要する費用というと具体的にどのようなものがあるのか?

債務整理の費用は、一般的には、司法書士や弁護士へ報酬として支払う「着手金」と「報酬金」があります。
破産や民事再生手続きでは裁判所に収める「予納金」があります。
その他に、切手・印紙代・交通費・通信費等の「実費」を負担することになります。
「相談料」については、弁護士の場合は相談料有料の事務所と相談料無料の事務所があります。司法書士についてはほとんどの事務所が相談料は「無料」としていますが、問
い合わせの段階で、相談料が有料か無料かはしっかりと確認することをお勧め致します。

債務整理の費用は事務所ごとに違う?

債務整理を司法書士や弁護士へ依頼した場合に支払う報酬については、現在、司法書士や弁護士の報酬額は自由化されておりますので、各事務所で異なってきます。

民事法律扶助制度

弁護士や司法書士への報酬を支払う金銭的余裕がない方は、弁護士又は司法書士への費用を立て替えてもらえる民事法律扶助制度を利用できます。
民事法律扶助制度とは、総合法律支援法に基づき設立された日本司法支援センター(法テラス)が行う公的な制度です。
債務整理においていずれの手続きを選択した場合でも、民事法律扶助制度を利用できます。
したがって、法律扶助を利用すれば、手持ちのお金がなくても債務整理手続きが可能となります。
但し、民事法律扶助制度を利用するには,収入と資産において一定の基準が定められております。その基準を満たす方のみ利用することができます。

債務整理の各々の費用について

【着手金】
着手金とは、結果の成功、不成功に関係なくに、弁護士・司法書士にその案件に対応してもらうために支払う費用の一部です。よって着手金は、途中で弁護士・司法書士を解 任しても戻ってきませんし、仮に裁判で負けたとしても戻ってきません。着手金は、費用の一部を先に支払う前金とは異なります。

【報酬金】
報酬金とは、事案が成功に終わった場合、事案終了の段階で支払う弁護士・司法書士費用です。成功というのは一部成功の場合も含まれます。その度合いに応じて報酬金の金 額が変わってきます。どのような結果であればいくらの費用になるのか、想定される結果に対する報酬金の額を事前に弁護士・司法書士に確認しておきましょう。

【減額報酬】
減額報酬とは、任意整理を行った際に、借金の減額に応じて発生する報酬金のことです。 減額報酬は、事務所によって請求するかしないか異なります。減額報酬があるのかないのか、その割合はどれくらいか、事前に弁護士・司法書士に確認しておきましょう。

債務整理の専門家検索の上部へ戻る