債務整理とは?

債務整理とは、「債務」すなわち「借金」を整理する方法の総称です。つまり債務整理とは、借金の額を減らし、重い金利負担から解放されるために行う手続きです。
債務整理には、①任意整理 ②特定調停 ③個人再生 ④自己破産という4つの方法があります。また、これとは別に、払い過ぎた利息を返還請求できる過払い金返還請求という手続もあります。

現在、日本には200~300万人もの人が、借金問題で悩んでいるといわれています。借金問題に苦しむ人は多いのですが、借金を整理できるという事実はあまり知られていません。
借金問題で悩んでいる方の中には、借金を整理できることを知らないために、自殺や夜逃げをされる方が多くいらっしゃいます。
どんなに大きな額の借金でも法律で整理できない借金はありません。債務整理とは、法的に借金を一度見直して、無理のない生活を送ることができる、借金で困っている人を再生させる方法なのです。

借金で悩んでいる人のなかには、すべての借金をなくしてしまいたいと思っている人から借金の金額は減らしたいけどできれば完済したい人、マイホームは手放したくない人などなど、考え方や状況がことなります。その考え方や状況に合わせて、それぞれ適した債務整理の方法があります。まずは①任意整理②特定調停③個人再生④自己破産それぞれの方法の内容をよく理解し、どの債務整理の方法が自分にとってベストな方法なのかを検討する必要があります。
一般的にいえば、借金問題による困窮度合いが比較的低い場合は「任意整理」を選び、困窮度合いの高さに順じて「自己破産」「個人再生」「特定調停」を選びます。 但し、各々の方法を希望されても、それぞれの債務者の状況によって希望方法を選択できない場合があります。弁護士や司法書士などの債務整理の専門家に相談のうえ、最も皆さんの状況に適した方法を選択することをお勧め致します。

債務整理の各方法の共通した流れ

  • 1.
  • 弁護士・司法書士などの専門家に相談借金問題でお悩みで債務整理をお考えの方は、まずは弁護士や司法書士に相談することをお勧め致します。多くの弁護士や司法書士が債務整理に関する無料相談を行っています。まずは1人でお悩みにならず相談してみることが借金問題解決の第一歩になります。
  • 2.
  • 弁護士・司法書士と委任契約法律相談の結果、債務整理の手続を弁護士や司法書士に依頼することになった場合には、弁護士や司法書士との間で委任契約を締結します。委任契約の際には、しっかり債務整理の費用や報酬金額を確認しましょう。
  • 3.
  • 債権者に受任通知の送付弁護士や司法書士が債務整理を行うことになった場合、まずは、各債権者に対して受任通知(弁護士や司法書士が債務整理手続の代理人を受任したということの通知)を送付します。これにより今後、債権者が債務者に対して直接取立て行為をするのを停止するように求めます。債権者が、貸金業者や債権回収会社などの場合には、受任通知を受領したら直接の取立てを停止しなければならないことが、貸金業法等の法律によって規定されています。
  • 4.
  • 貸金業者に取引履歴の開示請求貸金業者などの債権者が、過去に利息制限法に違反する利率の利息を受領していた場合、引き直し計算が必要となってきます。その前提として取引の履歴が必要となり、取引履歴を開示するように各貸金業者に請求します。
    通常は、受任通知の送付と同時に開示請求をしてるようです。
  • 5.
  • 引き直し計算貸金業者から開示された取引履歴をもとに引き直し計算をし、正確な借金の総額を確認します。場合によっては、過払い金が発生してることがあります。過払い金が発生している債権者に対しては過払い金の返還請求をすることになります。回収した過払い金は弁護士や司法書士の報酬等を差し引いて、他の各債権者に対する弁済にあてたり、個人再生や自己破産などの債務整理費用に使われることになります。
  • 6.
  • 4つの債務整理の手続これら共通した流れとともに任意整理・特定調停・個人再生・自己破産など、皆さんの状況に適した債務整理の手続をすすめていくことになります。

債務整理の専門家検索の上部へ戻る